【ダーツケースの種類】

ダーツケースは迷っちゃう位たくさんの種類があります。

ケースを分類していくと【オールインワンタイプ】【腰掛けタイプ】【コンパクトタイプ】に大分類できます。

ダーツケースの選び方分類

 

 

私の場合はかばんにいつも入れて、持ち歩いているのでオールインタイプではかさばり過ぎてダメでした。

 

コンパクトタイプは逆に予備のシャフトやチップを十分に入れる事ができないので外しました。

 

最後に残った腰掛けタイプを利用しています。ただし腰掛けタイプもかなり収納できるものからコンパクトタイプに近い位ものまで様々です。

私の場合はダーツケースにこれを入れています。

 

●バレル ワンセット

●フライト ワンセット(フックでひっかけるタイプで別物)

●シャフトの予備3本

●チップ20本位

●ダーツライブカード 2枚  をケースに入れて、持ち歩いています。

●ハードダーツ用のコンバージョンチップ

 

かさばるのは嫌だけど、最低限の荷物は入れたいという所で選んでいます。

私の場合はこういった理由で腰掛けタイプ(腰には掛けてないですが)を選びました。

みなさんは選ぶ際にこういった規準で選ぶといいかなというのがありますので、紹介します。

 

 

【ダーツケースを選ぶ規準】

 

①デザイン重視タイプ とにかくかっこ良ければあとはなんでもいいという方→腰掛けタイプorコンパクトタイプ

 

腰掛け、コンパクトタイプは割と小さめでレザーなどの素材を使用しているものが多く見た目もGOODなので、おすすめです。

 

荷物も腰掛けタイプならある程度はいります。

個人的には腰掛けタイプからデザインの好きな物を選びますね。

 

②とにかく沢山入れて絶対不備がないように使いたい方は→オールインワンタイプ

 

写真のオールインワンタイプはDMCという所から販売されていますが、とにかく量がはいります。一番広い口にはタバコや携帯なども入るのでバック代わりにももってこいです。

 

③最低限の物だけをコンパクトに!の方はコンパクトタイプがおすすめ

 

かさばるのが嫌!シャフト予備なんていらない。チップの予備は5本もあれば十分!なんて方はコンパクトタイプですね。

写真のタイプも結構小さいですが、もっと小さい物も販売されていますので、探してみてくださいね!

 

 【まとめ】

最近のケースはどれもこれも必要な物が入るようにある程度設計されていますので、概ね心配はいらないかなとも思います。

そして、値段の割に格好いいものが多いですね。自分に取って何を入れる必要があるのか?を考えて選ぶのも楽しいものですよ。

 

最終的にはデザインになってくるのかもしれませんね。初めて、ダーツケースをかった時なんか全部入れみてワクワクしすぎてそのままダーツバーへ投げに行ったのも遠い昔の話です。そろそろケース新しいの欲しいな(笑)
なにはともあれ、楽しくダーツケースを選んでみましょう!

=>【おすすめケースランキングはこちら!】

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品


 

1
 

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら