フォームについて考える。

2013-11-12

テイクバックについて考えてみた

今日はテイクバックに関する独り言です(笑)

 

感覚的な話になるので、参考程度に。

 

よくテイクバックっていうと、あんまり引かない方がいいとか、極端な話テイクバックはしない方がいいとか、

いろんな話は出ますよね。

まーどれが正解ってものはないので、自分にあったテイクバックとしかいいようがないんですが、

気をつけるポイントと言えば、自然体で、力む事がなく流れるようにリリースに移行できる事ですかね。

 

簡単に言うと、力が抜けて、リラックスして投げられかです。

 

私の場合は、ダーツを構えた時って、腕を引こうとするとその瞬間にいらない力が入ってしまうので、

イメージでは構えた右手を手の重み(重力)で倒してくるっていうやり方をしています。

 

引くんじゃなくて、手の重みを使って肘を視点に手前に倒すイメージですかね。

 

ベスト状態のときは手前に倒してくる時に、手の重みが感じられるんです。

これって当たり前じゃん!って思われるかもしれないですけど、以外と感じられないんです。

 

動作が速い時、力が入っているとき、緊張している時なんかは絶対に感じません。

私特有の物かもしれませんが、こういうときはものすごく落ち着いていてゆっくり投げれます。

 

大体カウントアップで、1000点超える時はこの時ですね。

 

無理やり飛ばそうとして、力が入り過ぎたり、逆に腕がふりぬけなかったり、手が言うことを聞かないって感じる事ないですか?

そんなときは大抵無駄な力が入っている事が多いです。

 

この無駄なちからというのも、投げている最中に修正することはとても難しいと思います。

じゃーこの無駄な力どこで気をつければいいか?

 

答えはその日初めて投げるその一投です。

その日の初投げは、体が硬くて力が入りやすいところですが、逆にどこに飛んでいったか?なんて事はまったく気にしない事が大事です。

 

アップの段階で、ブルに入れよう入れよう!20トリプルに入れよう入れようすると、絶対に力みます。

だからアップの段階でのおすすめはどのナンバーでもいいんですが、一番大きいシングルに入るように意識してみる事です。初心者の方であれば、ひとつのナンバーではなくて、20狙ったらその隣の5、1のシングルでもOKだし、

 

12、18のシングルまで的を広げて、どこかのシングルに入ればOKとかね。

とにかく狙い所を大きく考えて、フォームがきちんとできているかを意識する。

 

きっとアップで、ブル狙って入らないと、調子がわるいとかなんか頭で考えちゃうんですよね。

頭で無理に考えようとするから結果体が思うように動かなくてなるんです。

 

今、書いた事は誰でもできる簡単な事でしょ!?フォームを理論的に考えるとかじゃないしね。

アップの時にどう考えるかって事だけなので、簡単です。意識だけの問題です。

 

これは私の場合の考え方ですが、一度試してみて自分流にアレンジしてみてくださいね!

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-10-29

ダーツに重要な【メンタル】

ダーツをやっているとメンタルが弱いとかってよく言うじゃないですか?

メンタルって簡単に言うと、精神的な部分とか、心の部分なんですね。

 

資格試験、受験の試験、学校の試験とか緊張する場面ありますよね?

緊張するとおなか痛くなっちゃう人もいたり、こういった人のことをダーツの場合はメンタルが弱いって言います。

 

ダーツって上手くなるには、技術的な部分もそうだけど、メンタル面も強くしなくちゃ勝てないんですね。

みなさんも経験あるかもしれませんが、ハウストーナメントや大会って緊張して、いつ通り投げれないっていう人多いじゃないですか。

 

はっきりいって90%くらいの人はそういった場面ではいつも通り投げれるわけないんですよね。

たまにまったく緊張しないっていう人もいますが、すごい稀ですよね。

私の周りにもほんと一人いるかいないかくらいですよ。

 

だから、もしあなたが大会に出て普段通りなげれなくてもそれは普通なので、心配しないでくださいね。

 

それで、このメンタルを鍛えるためにどんな方法があるかというと、

 

私の場合ですけど、

1.とにかく知らない人と投げて場数を踏んで慣れる事。

2.酒を飲んで緊張感を麻痺させる(笑)

3.最初から普段通り投げれると思わないで、その場でできる事を全力でする。

このくらいでしょうか?私はトッププロでもプロでもないので、参考程度にね!

 

もちろん対戦相手に勝ちたいとか、絶対うまく投げたいとかつてやっぱり思うんですよね。

でも事ダーツになると、そういった気持ちはゼロじゃダメですが、ありすぎると力みにつながるんですね。

 

ビビッて腕が振り切れなかったり、いつもより早く投げてしまうとか、きっと経験ありますよね。

そんな時は相手うんぬんじゃなくて、とうやったら、普段通り投げれるか?を心がけるといいですよね。

わざと相手が投げている時に見ないようにするとかね。

相手がたくさん入ってしまうと、それだけプレッシャーになるので必要以上に見ないってのも一つの手です。

 

それには普段から自分のフォームで気を付ける点を自分で把握しておいて、そこだけできているか確認する。

試合中にあれこれ考えてもいい結果になるときは非常に少ないです。

 

逆に試合を楽しむくらいの気持ちがないと、やっぱりつまらないダーツになってしまいますからね。

試合中は考える事を最低限にして、そこだけに集中し相手を気にするんじゃなくて自分が普段通り投げれる事を意識する。

 

ちょっと矛盾しちゃう部分もありますが、私の場合はこういった感じで投げています。

TDOのリーグ戦の時も適度に酒を入れて、リラックスするようにしています。

 

相手が自分より上手い人だと、楽しみな半分勝ちたいって気持ちがどうしても出てしまうので、ここは落ち着いて自分のダーツをする。

自分のダーツができてそれで負けたんなら、相手の方が技術的にもメンタル的にも上だということ。

それはしっかり受け止めて練習してリベンジすればいいんですよ。

 

試合とか、緊張する場面の時は

1.普段通り自分のダーツを投げれると最初から思わない。(自分に極度の期待をしない)自分のフォームで気を付ける点だけに集中してダーツをする

2.相手が自分よりうまい人でも、自分のダーツがしっかりできるように心がける

3.とにかく考え過ぎないで、リラックスし落ち着いて投げるようにする。

みなさんも勝負の時はこのあたりを意識するといいかもしれませんね!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-10-27

投げている時の体の重心

ダーツのフォームの中で、「重心」というものがあります。

フォームに関しての各動作がわからない方は過去記事をご覧ください

ダーツ投げるときはスタンス、グリップ、セットアップ、テイクバック、リリース、フォロースルーという一連の流れがありますが、

この動きの中での体重(重心)について考えてみます。

 

基本的には、最初にスタンスを決めたら重心の移動はしません。

スタンスを決めた際には前の足8:後ろ足に2の体重のかけ方が一般的かな?

 

例えば、右利きの人が投げる時は、右足に8の重心をかけて、左足に2の重心になるんだけど、

左足の2の重心というのは、後ろ足に重心がある程度残されてないと、リリース、フォロースルーの動作の時に重心が前にいってしまう。

つまり投げた後に前のめりになってしまうってこと。

 

体が動く=ダーツが入らないって思ってもらってOKです。

 

プロの動画を見れば、わかるんだけどまず重心は安定していて、動いているのは右手だけなんです。

足も、頭も動いていません。

ちょっと古い動画だけど、村松さんの動画をみてみましょう

YouTube Preview Image

 

続いて、星野さん

YouTube Preview Image

 

ね!右手以外動いてないでしょ!体が動いちゃう人は大抵重心が前にかかりすぎなんです。

後ろ足のつま先が地面にふれるか触れないか?とかの人が多いんじゃないですかね?

 

体動いちゃうって人は思い切って後ろ足を地面にぴったりつけて、しっかり後ろ足に体重をかけて投げてみてください。

そうすると、たぶん体動きずらいと思います。

 

実は私も投げた後に体が前に出ちゃう癖があって、悪いときはやっぱずれちゃうんですね。

ダーツって正確に3本同じところに投げられるようにするスポーツなんで、3本同じところに投げられない要素を潰して、確率を上げるものなんですね。

 

そんな訳で、今回は投げるときの重心についてでした。

 

私の今のフォーム改善点はまさにここなんです(笑)

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-04-22

ダーツのグリップって何だろう!?

最近一番悩んでいるのがグリップ。

ダーツの世界では基本はあるが、このフォームが正しいという正解がない。

だから、迷う。

実際最近、グリップを変えようかと悩んでいた。

最近の記事で、プロのグリップと比べてどうなのか?って記事を読んでない方はこちらも!

プロのグリップの動画を見て、自分より上手い人に聞いてみたり、チームメイトに聞いてみたり。

まだ独身で、サラリーマンになり立ての時みたいに、がむしゃらに練習ができる頃と今の状況があまりにも違いすぎて、正直一歩踏み出せない。

年をとったってことなのかな!?悪い意味で大人になってしまったのか?

 

グリップを変えるって相当しんどいからね。

週にダーツを投げるのは2回位かな。

1回はハードのリーグ戦で、1回はその前日に練習する日。

 

プロになるんじゃないし、そんなガツガツしてもって気持ちと、今のままでレイティング15を目指せるのか?って気持ちの葛藤。

ただ楽しく投げているだけなら、このままでもいい。でも、最近リーグのシングル戦でも負ける事が多くなってきた。

 

言い訳ばっかり言ってもしょうがないし、週2回投げる機会をもっと集中して使わないといけないな。

投げられる機会や時間はかわらないけど、より意識を高めて練習しないとな。

 

なんで、こんなダーツの事で色々考えるんだろう(笑)エンジョイダーツだけは外せないな。

ダーツを楽しみながら上手くなる方法をもっと考えないとな。

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら