ハードダーツ

2013-07-14

家で練習する為のダーツセット

【ダーツの練習をするなら、家で練習する事をおすすめします】

・外にダーツを投げに行くとゲーム代やら飲み代がかかる。

・ダーツバーなどで、メドレーなどで対戦をすると、練習目的を忘れる。

・家で練習すると誰にも邪魔されないので、練習目的に沿ってできる。

などの理由があるからです。

 

【家でダーツの練習する為に必要なもの】

ダーツボード(ソフト・ハード)

ダーツボードラック

コンバージョンポイント(チップ部分だけ針にする為の物)

などが必要になります。

 

実際に家で練習する場合一番のポイントはダーツを投げた時の衝撃音です。

ソフトダーツ用で最近ではこの衝撃音が少ない物もありますが、一番静かななのはハードボードです。

先が針なので、音はほとんどしませんからね。

 

俺はハードはやらないし、ソフト用がいいという事であれば、

こちらのダーツライブ社公式ボードで、ソフトプレーヤーからは凄く人気のあるボード

【ダーツライブ100S】というソフト用のボードがあるのでこちらがおすすめです。

 

家で練習するには静かじゃないと苦情きちゃうから困るという方にはこちらの

ダーツボード(ハード用)とダーツボードスタンドのセットが販売されています。

【ダーツ家練デビューpart.1 スターターセット】

家庭用練習 ダーツセット

■内容
ダーツボード【エスダーツ】ブリッスルボード x 1枚
ダーツスタンド【マッキンリー】LR-903/K x 1台
ボードブラケット x 1個

 

ボードは、静穏性に優れたハードボードを用意
ワールドスタンダードなデザインでどんなインテリアにも合います。
ハードボードなら、矢の刺さり方を確認できるため、自分のフォームを確認できます。

ボードサイズは13.2インチ。
ハードダーツの規格です。ハード規格ですが、ソフトの練習にも、ハードの練習したい方にも最適です。

ソフトダーツの規格15.5インチよりも、狙うエリアは小さく狭くなるので、
より集中力と正確性が必要です。フォームを確認しつつ、正確に狙う練習に最適です。

スタンドは、どんなインテリアにも合うオールブラックカラーをご用意しました。
スタンドがあれば壁に穴を空けなくてもボードを設置することができます。

お気入りのマイダーツを飾る棚や転倒防止金具付です。
設置の仕方がわからない方も安心♪
ボードブラケット付です。

=>このセットの詳細はこちらでご確認くださいね!

家練をハードボードでしっかりすれば、レイティングは絶対上がるとおもいます!

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-06-27

ハードダーツってやっぱり面白い。

ここ4.5日ダーツを投げていなかったので、さすがに投げるかと思い、昨日はホームショップに投げに行きました。

 

たまたまハードが設置されていたのでハードをする事に。(ハードダーツは壁に直接取り付けているタイプと、ソフトダーツの機械に取り付けるタイプと二種類ある。)

ハードのリーグ戦(TDO-東京ダーツオーガナイゼーションって言います。)も今はオフシーズンなので、久しくハードしてないなーって思いながら投げた。

 

いつもよりもアップをしっかりやったつもりだったんだけど、イマイチな感じ。

やっぱハードダーツはダブル、トリプルの枠が小さい。

 

ソフトのクリケのレイティングが(ライブ)今、4ちょい位なので、3本投げれば一回はトリプルに入る計算。

でもね、ハードって3本投げても1本もトリプル入らないなんてザラ。むしろ3本投げて3本シングルに入れる事が大切と言われる位なんですよ。

 

このサイトを作ってダーツ始めたばかりの方にはとにかく、3本投げて3本シングルに入れる事が大切なんて偉そうに書いていますが…。

ハードになると、3本入らない…。いかにシングル一本一本を大切にするかって事を考えさせられますよね。

 

順番的にはトリプルを狙うよりも、シングルに3本入れる事を優先しないといけないんでしょうけど、やっぱトリプルですよね(笑)

 

そんなこんなで、店のスタッフに「やろうか!」って話しをしてたんですが、「折角なんでダブルスにしよう!」ってスタッフが。

そのスタッフが私がダブルス苦手なの知っていますからね。「こいつっ!」って思いましたよ。

そして、当然のように笑顔で「テキーラマッチね!」って。

 

そうそう、普段テキーラマッチでテキーラに飲まれちゃう人はこれがおすすめ!

 

スタッフとペアだった彼はハードが初めてだったらしく、俺大丈夫ですかね?ってノリだったので、ソフトより枠が小さいだけで、後は一緒ってアバウトな答え方をしました。

(別に試合している訳じゃないんで、これくらい軽くでいいんです。ダーツは楽しくがモットーですからね。ソフトもハードも)

 

そんな感じで始めた訳ですが、当然いつも通りダブルスは負けました。

負けて、テキーラ飲んで正直なんでダブルス弱いんだと少し考えちゃいましたが、そんな事よりもうれしい事があって。

相手チームの彼がハード楽しかったらしく、ゲーム終わったらすぐにまた投げ出したんですよ。

「ハード楽しいですね」って。そうそうこの一言ってすごいうれしいんですよね。自分が好きな事を相手も好きになってくれるって。

 

テキーラ飲んで「あ~あ」って感じでしたが、一人ハードの楽しみをわかってもらえたので。

まーその後スタッフとシングルでリベンジして、しっかりテキーラ飲ませましたけどね(笑)

 

ダブルスで、自分のペースで投げれない証拠ですね。

豆腐メンタルなので、心が非常に弱い。なれるしかないんでしょうけど、誰かダブルスのメンタルの極意を知っている方がいたら、是非教えてください。

豆腐メンタルから高野豆腐メンタル位にはランクアップしたいですからね。

 

ぜひ誰か教えてください!コメントお待ちしております。

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-02-25

ダーツ 01アレンジ表(ダブルアウト)

01必要に不可欠な上がり表です。

私もハードダーツのリーグ戦に入るまではアレンジ?でしたが上がり目の計算は絶対必要です。

これが頭に入っていないと不安要素を残したまま投げるので、シングルすらも外してしまう程です。

偉そうに言っていますが、チーム1アレンジが苦手なのが私です。よく仲間に怒られます。

(下の画像はクリックで拡大して見れます)

01アレンジ表

アレンジと言ってもハードをやらない人にとってはあまり触れる機会がないと思うので、これだけは覚えて欲しい点を色付けしておきました。

【170以下の点数で上がり目がない点数-ダブルアウトの場合】

169.168.166.165.163.162.159はダブルアウトの場合は上がり目がありません。

上がり目がないという事は相手にとってまったくプレッシャーをかける事ができないので、この点数の残りにしてはいけません。

(この辺の数字だと、どれもハイトンレベルなのでどちらにせよ難しいですね。)

 

【20トリプルを狙って外すと上がれない点数】(ソフトの場合はブルで削れるのでこの限りではありません。)

129→20シングルに入ると残109 2本使っても上がれません。1投目はT19

126→20シングル 残106 2本使っても上がれません。一投目はT19

125→20シングル 残105 2本使っても上がれません。一投目はT18

123→20シングル 残103 2本使っても上がれません。一投目はT19

122→20シングル 残102 2本使っても上がれません。一投目はT18

120台で残りが出たら、20ではなく19にいかないといけない場面が多い訳です。

 

ソフトの時は画面の上の方に上がり目が出るので、計算する必要がないのでソフトだけをやっている人は意識しない人が多いかもしれませんね。

ハードダーツの場合はチームメイトからは残りいくつで次はいくつと指示はしてもらえます。

しかし、自分で一投目投げてトリプルなら次はここだ。シングルなら次はここだと頭に入れながら投げる方がトリプル外した時にすぐ2投目を投げられます。

2投目をすぐ投げられるというのは、つまり自分のペースで投げられるという事です。

そして、対戦の場合に迷うことなくアレンジを行える人は相手へのプレッシャーを与える事ができます。

「こいつアレンジ頭に入っているな。やるなと。」

ハードやっている人とソフトをやっている人ではアレンジの仕方がちょっと違うんですよね。

ハードではブル上がりはダブルブル(インブル)なので、相手と接戦な時で入れないと負けるっていう時しか狙いません。

基本的には「40-20ダブル」「32-16ダブル」までにもっていくためのアレンジといっていいでしょう。

こんなアレンジ苦手な私ですが、自分自身覚える為に記事にしてみました(笑)

よし!これで次回のハードリーグ戦は大丈夫なはず!?

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-02-13

ハードダーツとソフトダーツの違い

どうも。nissyです

私はソフトダーツだけでなく、ハードダーツもします。なぜかって?

ソフトにはない楽しみがあるからです。

今TDO(TDO 東京ダーツオーガナイぜーション)でプレイしてます。

このTDOには144チームあってだいたい1000人位の人が加盟してます。

ダーツをはじめた人は大抵ソフトダーツから入ると思うんですよね。

んで、その延長でハードダーツもやってみようかな!?ってノリで始める事が多いんじゃないですかね?

私もその口です。

ソフトダーツとハードダーツって大きな違いは

●点数計算

ソフト=点数は自動計算

ハード=自分で投げた分は自分で計算してスコアラー(点数を用紙に記入する人)

●矢の先が針

ソフト=ソフトティップ

ハード=針

●投げたダーツが刺さらなかった時

ソフト=台が反応していればOK

ハード

●試合中の雰囲気

ソフト=適度にわいわい

ハード=し~ん。(点数言う時に聞こえないから)

●ゲーム

ソフト=501とクリケ

ハード=ゼロワンしかやらない

●ゼロワンの上がり目

ソフト=シングルでもダブルでもトリプルでもOK

ハード=必ずダブル(ソフトの盤面よりかなり面積が小さい)

●180(トンパチ) 60×3

ソフト=それなりに出る

ハード=相当出ない。(出ると場の雰囲気が盛り上がる位)

思いつくのをあげていくとこんな所ですかね。

ハードは本当に奥が深く、自分のフォームがダーツの軌道、ささり具合にモロに出るので、そこを修正するにはもってこいですよ。

普段しーんとしている中であまり投げる事もないでしょうし、メンタルも鍛えられます。ついでにアレンジも自分で計算しないといけないのでそこも強化されます。

次自分がどこに投げないといけないというのを自分で把握しながら投げるのってメンタルに必要ですよ。

ハードってどんもんかってのは下の動画を見ればなんとなくわかると思います

【2012 PDJ The Final 決勝 / 勝見 翔 – 村松 治樹】

YouTube Preview Image

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら