ダーツルール

2013-10-08

ハードダーツのルール

ハードダーツルール

ソフトダーツはやっているけど、ハードダーツにも挑戦したい!

っていう人が増えて欲しいので、今回はハードダーツのルールを紹介します。

ソフトとハードは同じ三本のダーツを投げるというのは一緒ですが、ちょっとした違いがあります。

 

私はTDOのパブリーグに在籍しているので、通常の試合の流れを通して説明したいと思います。

 

【第一戦】ガロン 4人VS4人

1101を減らしていくゲームです。そうですソフトで有名なのは501ですが、ハードの一試合目はガロンをします。

コーク(ハードではミドルという)はホームショップが先に行います。

ソフトダーツのように、じゃんけんをする事はありません。

(ハードダーツは自分のホームショップで試合をする場合と相手のお店に行く場合(アウェイ)があります。)

 

ミドルをして、あとから投げた人の方が、どちらが近いかを申告します。

始めに投げた人が近ければ「ファーストダーツです。」

後に投げた人が近ければ「セカンドダーツです。」

同じ位だったら「チェックお願いします」と言うと、ホームショップのスコアラー(点数を記入する人)がどちらが近いかを見てくれます。

 

そんな感じでゲームはスタートです。

ソフトと違う点と言えば、

1.3本投げ終わったら点数を申告する「60点です」等

2.何点だか、申告するまでにダーツが落ちてしまった場合は落ちたダーツはカウントされない。

3.上がりは必ずダブルアウト(トリプルアウト、シングルアウトは一切認められません。)

4.ゼロワンゲームだけを行い、クリケットは存在しない。

5.狙う所はブルではなく、20のトリプル。ブルはアウター25点/インナー50点

一度やってみるとわかりますが、インナーなんてそうそう入りません。ものすごく小さいです(笑)

 

いずれもソフトのように機械が計算してくれる訳ではないので、自分で計算する必要があります。

 

ガロンはこんな感じで行います。

 

【第2戦・第3戦】 ダブルス×2戦 2reg先取

ダブルスではガロンと異なる点があります。

それはスタートもダブルスタートしなくてはならい事。

これが初めのうちはクセ物で、いまでにスタートできなくて相手にどんどん点数を減らされる事があります。

さすがに、スタートできないうちに相手にあがられるって事は未経験ですが、十分ありえます(笑)

ハードはスタートとフィニッシュですぐに上がれるかどうかという所が重要なポイントになります。

 

そして、2reg先取になります。どういう事かというと、1本目501を取って、2本目負けたら2reg先取なので、3本目まで501をやります。

先に501を二本先取した方が勝ちとなります。

 

【第4戦・第5戦・第6戦・第7戦】シングル戦×4戦 2reg先取

ここからはシングルス戦です。

4人のプレーヤーが各々シングルス戦を行います。

スタートはダブルスタートではないので、通常は60のトリプルを狙っていきます。

ダブルスと同様に2reg先取となります。

ハードのリーグ戦はこんな形で行われます。

全部で7戦行い、4本勝った方が勝利チームとなります。

 

簡単に言うとこんな試合の流れです。

そうそう!ソフトと違いハードは相手が投げている時はうるさく話してはいけないルールがあります。

しゃべってはいけないというルールはありませんが、投げている人が気がちらないようにしなくてはいけないので、こそこそって感じの話になります。

 

慣れるまではこの独特の静かな雰囲気が緊張感を誘う事このうえないです。

慣れてくると、この静けさも楽しめるようになるんですけどね。

 

ぜひみなさんも機会があったらハードダーツにチャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-10-07

Hidden Cricket(ヒドゥンクリケット)のルール

Hidden Cricket(ヒドゥンクリケット)は基本的にはスタンダードクリケットと同じです。

スタンダードクリケットの記事はこちら

カットスロートクリケットの記事はこちら

 

何が違うかと言うと、狙うクリケットナンバーが隠れています。

 

つまり、自分で打ってみてあ!ここクリケットナンバーだ!

という流れなので、自分で探さないといけないのです。

例えば、20を狙ってみて入ったけど何も反応がない…。これはクリケットナンバーじゃない!

19を狙って見て画面に19ナンバーが出てきた!これはクリケットナンバーです。

とこんな感じで、7つのクリケットナンバーを探すのがヒドゥンクリケットです。

 

このゲームをする時は3.4人でやる事が多いと思うので、勝ちたいなら発見したクリケットナンバーをひたすら狙う。

クリケットナンバーを探したいなら、ひたすらいろんなナンバーに打って行事が必要です。

 

以外と狙ったところに行かないと、判別ができないのである意味初心者の方には難しいのかな?

地味にシングルに確実に狙っていくスキル必要なゲーム。

 

大抵の場合ですが、20~15までの通常のクリケットナンバーやブルはナンバーになっている事が多いです。

 

ひたすら新しいクリケットナンバーを探しに行くのもよし!他人が開いたクリケットナンバーをオープンするまで、

ひたすら打って加点するもよし。

 

パーティーゲーム的な要素もありますが、クリケットという言葉がつくだけあって実は練習になるゲームです。

20を打ってうっかり1や5に入って、実はクリケットナンバーだった!?なんて事もたまにあります(笑)

 

一度試してみてください!

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-10-02

CUT THROAT CRECKET (カット クリケット)

ダーツのゲームにあるクリケットには、
・スタンダードクリケット(STANDARD CRECKET)
・ランダムクリケット(RANDOM CRECKET)
・ヒドゥンクリケット(HIDDEN CRECKET)

などがあります。

今回はカットスロートクリケットのルールについて説明していきたいと思います。

スタンダードクリケットがわからない場合はこちらの記事を読んでね!

クリケットの練習方法

 

じゃーはじめましょう!

まずはじめにカットスロートクリケットは3~4人で遊ぶゲームです。

二人でできない理由は読んでいくとわかります。

スタンダードクリケと違い、得点が少ない人が最終的に勝ちになるゲームです。

 

スタンダードクリケットはオープン(クリケットナンバーに3本入れる事)したら次から

そのナンバー分の得点がはいります。

例)

1R 1本目20シングル/2本目20シングル/3本目20シングル ←3本入ったのでオープン

2R 1本目20シングル(得点20)/2本目20シングル(得点20)/3本目20シングル(得点20)合計得点60点

 

これがスタンダードクリケットです。

じゃーカットクリケットはどうなるかと言うと

 

例)4人でやっていた場合

1R 1本目20シングル/2本目20シングル/3本目20シングル ←3本入ったのでオープン

2R

1本目20シングル(得点20は自分以外のプレーヤーに入る。)プレーヤー②20点/プレーヤー③20点/プレーヤー④20点

2本目20シングル(得点20は自分以外のプレーヤーに入る。)プレーヤー②20点/プレーヤー③20点/プレーヤー④20点

3本目20シングル(得点20は自分以外のプレーヤーに入る。)プレーヤー②20点/プレーヤー③20点/プレーヤー④20点

 

合計得点:プレーヤー①0点/プレーヤー②60点/プレーヤー③60点/プレーヤー④60点

得点は0点でもカットクリケットの場合は得点が少ない人が勝ちなので、プレーヤー①が1位です。

 

こんな感じのゲームです。

 

実はこのゲーム4人でやって一番うまい人が負けるように、他の3人が力を合わせて、同じところを集中したり

すると、おもしろかったりします。

 

スタンダードクリケットは1対1のガチ対決ですが、カットクリケは実は仲間や同盟をこっそり作ったりできるのでいつの間にか、

チーム戦だったりする面白いゲームです。

 

一度お試しください!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-09-26

ダーツ初心者が最初に覚えておきたいルール

ダーツをやって事がない人はぜひこのページを読んでください!

ダーツのゲーム内容から、ルール、マナーまで紹介しています。

 

【ダーツの基本中の基本ルール】

ルール1 ダーツはどんなゲームでも3本1セットです。1本だけ、2本だけしか投げないゲームはありません。

ルール2 ダーツ投げて刺さらなかったり、盤面に届かなかったダーツでも1投とみなし投げなおす事はできません。

ルール3 ダーツのスローラインを超えて、投げたものは無効となります。

 

その他のルールは下のリンクから読んでみてくださいね!

【ダーツの基本ルール】

・ダーツの得点の計算方法

・ダーツのマナー

 

【ダーツのゲームのルール】

・カウントアップ

01(ゼロワン)

・cricket(クリケット)

・クリケットカウントアップ

・イーグルズアイ

・アンダーザハット

・ローテーション

・ハーフイット

 

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

タグ:
2013-09-14

ダーツライブ イベントゲーム

ダーツライブのイベントゲーム(月替り?)はやった事ありますか?

 

確か月替りでゲーム内容が変わります。

 

一番最初の画面で、【EVENT】という項目があってそこからゲームができます。

 

今月はハーフイット(harf it)のトリプルver.とダブルver.です。

まずは通常のハーフイットを説明します。

 

通常のハーフイット(harf it)は1ラウンド3本投げて、

狙ったナンバーに1本(シングル・ダブル・トリプル問わず)入れば、OK。

 

1本もはいらなかった場合は、持ち点が半分になるというゲームです。

狙うところは15.16.17.18.19.20.ダブル.トリプル.ブルです。

 

それで、話しを戻して今月のイベントゲームではハーフイットの【トリプル】【ダブル】バージョンなのです。

全てのラウンドでトリプルを常に狙い、トリプルに入らないと持ち点が半分になります。

 

超上級ゲームです。これがうちのチームでは密かに流行っています。

 

しかもダーツライブは全国ランキングが出るようになっていて、ランキングが見れるのも面白い所。

 

8R24本を常に20トリプルを狙うというのは中々集中できて楽しいです。

4R終了時点で、全国1位ペースで来てて、狙えるんじゃねー!?

なんて考えていると、最終ラウンドで自分にプレッシャーがかかりミスって切られる(笑)

なんてこともよくありました(笑)

 

ちなみに全国1位は800点前後だったと思います。

日に日に変わるので、ここ数日はどうなったかわかりませんが。

 

ちなみに私は680点くらいで全国15位でしたね(笑)

チームのキャプテンにこれ面白いっすよ!なんてやらしてみたらあっけに700点超えられて

えーまじすか!?なんてこった!という珍事件もありました。

 

ダブルverでは人によって狙う所が変わってきます。

 

ダブルの王道と言えば、20ダブルと16ダブルです。

20ダブルはキャッチが少ないのでこれまた難しい所。

横ズレすれば1ダブル、5ダブルにキャッチします。

 

16ダブルは縦ズレすれば、8ダブル、7ダブルに入ります。

自分が横ズレするのか、縦ズレするのかによって選んでみましょう!

 

普通の人なら、16ダブルの方が狙いやすく、キャッチも美味しい所ですが

1本入る事に20ダブルと16ダブルの得点差は8点あるので、つみ重ねて行くと

20ダブルの方が高得点を取れる確率が高くなります。

 

非常に難しい所ですが、好きな所や得意な所を狙って頑張ってみてください。

 

ちょっと難しいゲームですが、上級者の方、中級者の方は是非挑戦してみてください!

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-08-13

ダーツゲームのルール【アンダーザハット】

ダーツルール

 

このゲームはパーティーゲームの所にあるんですが、同じ位のレベルの人と投げるととても面白いので紹介しますね。

0f0f726c

 

このゲームは前に投げている人より高い点数を取れば、持ち点を減らさずに次の人の番になります。

【要は前の人よりも高い点数を取ればいいという事です】

 

アンダーザハットの細い部分のルールですが、スタート時に全員5つの持ち点があります。

前の人よりも低い点数を取った場合は持ち点が-1となり、全部なくなるとその人が負けというルールです。

 

シンプルなゲームでしょ!?このゲームを楽しむ為には、

①できるだけ同じ位のレベルの人とプレイする

②ある程度ブルやトリプルナンバーを狙えるとgood!

この二つの条件が揃うととてもゲームを楽しくできます。

 

自分の前の人が高得点を出すと結構プレッシャーかかるんですよね。

持ち点が1点の場面とかになると余計に手に力が入ったりして。結構楽しめると思います。

 

結構私もこのゲームをやるんですが、前の人がTONを出したりすると、ぐっと緊張感が変わってきますね。

始めの一本目ではずしちゃったりすると、残り2本を入れないといけない訳ですからね。

 

余裕がある時はブル2本入れたら、20トリプルを狙ったり、狙ってシングルに入って120点だったとしても次の人はブルも外せないしね。

1本はダブル又はトリプルを絡ませないといけないなんて状況は思いのほかメドレーのここ一番は外せない状況と似てたりして。

 

そんな感じで、いつもやっています。もちろんビリの人はもれなく自腹でテキーラを飲ませる訳なので、盛り上がらない訳がないですね。

まーあんまり負けたからと行ってペナルティーもどうかと思う部分もありますが、なんだかんだ、なんか賭けた方が楽しいっちゃ楽しいです。

 

でもテキーラの飲み過ぎには十分注意してくださいね。飲んでリベンジしてまた負けるという負の連鎖にはご注意ですよ(笑)

 

 



 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-07-21

ダーツゲームのルール 【イーグルズアイ】編

【イーグズアイとは?】

イーグルズアイとは1ラウンド3投し、アウターブル(ブルの外側)とインナーブル(ブルの中心)しか得点にならないゲームです。

 

このゲームはゲームというより、ブルの武者修行ですね(笑)

 

中級者~上級者向けのゲームで、初心者の方にはちょっとおすすめできないゲームです。

なぜかというと、ブル以外は得点にならないため、メンタルの維持が非常に難しく、中級者でも1ラウド目にノーブルを出すと一気にやる気がなくなってしまうからです。

 

3投げて、1回ブルに入れる事ができる人はそれなりに練習ができ、モチベーションも維持できるかもしれません。

3投して、1本も入らない人はきっとこのゲーム面白くないと思います。最終ラウンドまでいったあげく、得点が0点なんてこともあるかもしれません。

 

だからこのゲームはレイティング最低でも7.8位にならないと難しいかもしれません。

 

逆にAフライト位ある人はブルの練習、メンタルの練習、フォームのチェックと色々と確認しやすいゲームでもあります。

いつもやっている、メドレーや01、クリケなんかと比べ、キャッチがありません。

ブルに入るか入らないかの単純なゲームです。ダーツライブの数あるゲームの中でもゲームとは言えない難易度の高いゲームです。

 

このゲームをやる時は普段よりちょっと集中して投げられると思います。

次どこ狙おうかなんてこともなく、常にブルなので余計な事を考える必要はありません。

だからちょっといつもより、頭の空きスペースがあるので、投げながら自分のフォームをチェックしてみてください。

 

グリップはいつも通りか?リリースの場所はいつも通りか?フォロースルーはできているか?腕はしっかりふれているか?などなど。

いつもより少しだけ自分のフォームをチェックする時間があると思います。

 

【私がイーグルズアイをする時にいつも考えている事】

ダーツルール イーグルズアイのポイント

 

私の場合この2点をいつも意識して投げています。

カウントアップもいつも1000点出す気で投げていますが、1ラウンド目にブルに1本だとちょっと1000点は難しい。

どちらのゲームも1ラウンド目から外すとちょっとげんなりしますからね。

 

イーグルズアイをやる時は普段何本位入って今日の目標は何本かも合わせて意識しておくといいかもしれません。

ただ闇雲に投げているのと、いつも目標を立て、それを達成するにはどうしたらいいかを考えているのでは差が出てくることでしょう!

 

ちょっと難しいゲームですが、一度試しにやってみるのもいかもしれませんね!

では練習頑張ってください!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

2013-07-19

ダーツゲームのルール 【ローテーション】編

ダーツゲームのルール【ローテーション】(ラウンドザクロック)

このゲームは単純ですが、初心者の方がしっかりシングルを狙う練習として良いゲームです。

かくいう私もAフライトになるまではよく練習したものです。

プレッシャーのかかった場面で、確実にシングルに1本入れるというのは時として難しい事なのです。

だから、練習の時しっかりシングルが狙えるようにこのゲームで練習してみましょう!

 

 

ルールは簡単です。1~20・ブルまでのナンバーを順番にヒットさせていき、

いち早く、ブルまで入れたプレイヤーが勝ちとなります。

(ダーツライブは確か最後ブルだと思う…。)

 

【ローテーションのポイント】

ダーツルール ローテーション

基本的には最初に1に入れば2投目は2を狙うこれでブルまで行く訳ですが

このローテーションとういゲームのキモは3投目にあります。

3投目が狙ったナンバーに入った場合は、もう1ラウンド投げれるという事です。

例)

1ラウンド目  1投目1に入る/2投目2に入る/3投目3に入る

3投目が3に入ったので、1ラウンド目が継続され、再度3本投げられるという仕組みです。

つまり、3本目がずっと入ると、他のプレーヤーが投げる事なく、ゲームが終了してしまいます(笑)

 

またダブルは1こ飛ばしのナンバー、トリプルは2個飛ばしのナンバーになります。

例)

1ラウンド目 1投目1のダブル→ 2投目は2を飛ばして、3を狙います。

2投目3のトリプル→4.5を飛ばして、6を狙います。

こんな感じで、ダブルとトリプルには恩恵があります。

※だからと言って、むやみやたらとトリプルやダブルを狙うのではなく、Aフライトになるまでは狙ったシングルにしっかり入れる練習をしましょう!

シングルにも、ブルの周りの小さいシングルの枠とダブルの周りの大きなシングルの枠があるので、大きなシングルを狙うのがいいでしょう!

 

はじめは狙ったシングルゾーンに狙うのは難しいかもしれませんが、うまくなってくるとポンポン入り2ラウンド、3ラウンド位で終わる事もあります。

何度も言いますが、狙ったシングルのゾーンに入れる練習になるのでダブルやトリプルで一発逆天なんて事のないように練習するのがいいと思います。

ダーツライブの中では、100円でできるいい練習ゲームですよ!ぜひお試しください!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら