2017-10-14

どーもnissyです。ダーツをする中で、もっとも大事だと思うダーツの動作がグリップです。

まずグリップの深さについては諸説ありますが、私の場合はということでお話したいと思います。

よく、グリップが浅いとか深いとか言われてますが、実際どれ位だと深いの?浅いの?わかりませんよね?
その辺りを写真と動画を含めて見ていきたいと思います。

まず浅い場合ってどれくらいかというと下の画像位です。
ダーツグリップ
メインの親指と人差し指で摘むようにグリップしている状態です。実はこれ自分の手なんですが以前のグリップです。緊張していないいつもの状態で投げれば、問題ないんですがプレッシャーのかかった試合やゲームの場面だと、指先で投げているので安定しません。ちょっとした力の具合で全部飛びが微妙に変化します。

【深すぎる場合のグリップ動画】

極端に深いグリップなので、ここまでいくと手離れも悪いですしうまくグリップできていないので飛びも悪いはずです。なんど注意しても元のグリップに戻して投げているのには少し違和感を感じますw

じゃーどれくらいが丁度いいのか?というと、下の画像は知野選手のグリップです。
3フィンガーで、親指と人差し指で深めに挟むようにグリップしています。この挟むようにって所がポイントなんです。挟むって事はしっかりホールドされているんです。緊張した場面などでも、力んでしまっても多少の力ではグリップが変化しない。
だからどんな場面でもグリップが安定する=飛びが安定しやすいって事なんですね。

実際に私も変更してからは、すごく安定しやすくなりましたし、緊張する場面でも指先でグリップしていないので、
ズレが少なく済むようになりました。

個人的には知野選手位の深さのグリップがいいのではないかと思います。
ただし、指先方のグリップから深めのグリップに変更するには根気が結構必要です。持った時の感覚が違い過ぎて初めは絶対投げづらいので、根気よく耐えて練習してみてください。

それではまた!



 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら