2013-05-03

誰も教えてくれないダーツのマナー

意外と押してくれないダーツのマナー。知らなかったでは済まないことになる場合もあります。

初心者の方がダーツバーやカフェに行って、悪気なくやった事でもやられた方がいい気持ちがしません。

ダーツバーデビューする前に、マナーもしっかり学びましょう!

 

【まずはじめに】

ダーツは遊びから入る人も多いかと思いますが、立派なスポーツです。

礼に始まり、礼に終わる。スポーツの基本ですね。そこまで固くとはいいませんが、相手とコミュニケーションを図るスポーツです。

お互い気持ちよくプレーした後はダーツ仲間になる確率がとても高い。

ダーツはお互いの距離が縮まりやすいスポーツでもあります。

それでは注意する点を書いていきます。

 

【一番大切な事】

対戦相手にはゲームを始める前に「よろしくお願いします。」

終わった後は「ありがとうございました」

はっきり言ってこれが一番大事です。ここがないと今後一緒にやりたくなくなってしまうかもしれません。

 

【注意点】

①相手が投げている最中は相手の視界に入らない。

→ダーツを投げている最中はとても集中しています。投げる瞬間に視界にはいられると気が散ります。やめましょう。

②人が投げいる際は、前を横切らない。

→視界に入らない事と同様に前を横切ってはいけません。

1本投げた後に横切ろうとする人がたまにいますが、基本的には3本投げ終わった後に、後を通ってください。

③相手が投げいる最中は大声を出さない。しゃべりかけない。

→相手が投げている最中は極力邪魔をしないように努め、声も最小限に押さえましょう。

④ゲームの途中で、ほぼ自分の負けが決まっている状況でもなげやりな態度を取るのはやめましょう

→ダーツは紳士のスポーツです。勝ち負けに関係なく最後まで集中してゲームをしましょう。

⑤ダーツは野球投げしてはいけません。

→必要以上の強い力で投げるとセグメント(盤面)が壊れます。その前にとってもカッコ悪いです。

⑥くわえタバコでダーツをしない。

→ゲーム中相手が投げいる最中にはタバコを吸場合は視界に入らないようにして吸いましょう。

⑦他人のダーツを勝ってに使わない。

→マイダーツはみんな愛着があります。他人のものを勝手に使う事はあなたが大切にしているものを勝手に使われる事と一緒です。

⑧自分のダーツが良い場合も相手に「どうだ!このやろう!」みたいな態度をやめましょう!

→対戦には勝敗はつきものですが、勝った場合、負けた場合も紳士な行動を!

 

最初に注意しておきたい点はこの位です。

しっかり挨拶をし、相手の邪魔をしないというのが基本になっていますので、みなさんも気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら