2013-03-01

ダーツ上達のための基本練習1です

ダーツ基本練習方法1

練習1

①黄色の枠内に投げる。点数となる部分全てが対象。(アウトボードしないように投げる。)

目標は30本中25本を黄色の枠内に投げれるようにする。

 

②トリプルの内側の小さなシングル部分)に入れるように投げる。(トリプルの内側)

目標は30本中20本を黄色の枠内に投げれるようにする。

 

ダーツ基本練習方法2

練習2

③ダーツ盤面を丁度半分にして、上半分を狙う。

この時狙う部分(例えば20のトリプル辺)は具体的に決めて投げてみる。狙ってみて、結果上半分に入ればOK

目標は30本中20本を黄色の枠内に投げれるようにする。

 

④ダーツ盤面を丁度半分にして、下半分を狙う。

この時狙う部分は上半分の時同様に19や17のトリプル辺に飛ぶように意識して投げる。

目標は30本中20本を黄色の枠内に投げれるようにする。

 

狙う場所を大体上半分と意識して投げた時と、20のトリプル辺を意識して投げるのではグルーピングが全く違くなるので一度試してみてください。

ダーツはこのどこそこを狙うという意識がとても大事です。

 

この段階では意識するだけでよいので、入った入らなかったよりも意識する事が大事なんだなという事を覚えておいてください。

ダーツ基本練習方法3

練習3

⑤ダーツ盤面を丁度半分にして、左半分を狙う。

この時狙う部分は上半分の時同様に16のトリプルや11のトリプル(丁度真ん中)辺に飛ぶように意識して投げる。

目標は30本中20本を黄色の枠内に投げれるようにする。

 

⑥ダーツ盤面を丁度半分にして、右半分を狙う。

この時狙う部分は上半分の時同様に15のトリプルや6のトリプル(丁度真ん中)、18のトリプル辺に飛ぶように意識して投げる。

目標は30本中20本を黄色の枠内に投げれるようにする。

 

ダーツ始めたばかりの方はいきなりブルやトリプルラインを狙って投げないので、枠を大きく考えた上で狙う場所をなんとなく意識して投げてみてください。

同時に自分のフォームに気をつけながら投げるとさらにgoodです。

全ての目標を達成できるように練習してみてください。

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

トラックバックURL

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら