2013-10-29

ダーツをやっているとメンタルが弱いとかってよく言うじゃないですか?

メンタルって簡単に言うと、精神的な部分とか、心の部分なんですね。

 

資格試験、受験の試験、学校の試験とか緊張する場面ありますよね?

緊張するとおなか痛くなっちゃう人もいたり、こういった人のことをダーツの場合はメンタルが弱いって言います。

 

ダーツって上手くなるには、技術的な部分もそうだけど、メンタル面も強くしなくちゃ勝てないんですね。

みなさんも経験あるかもしれませんが、ハウストーナメントや大会って緊張して、いつ通り投げれないっていう人多いじゃないですか。

 

はっきりいって90%くらいの人はそういった場面ではいつも通り投げれるわけないんですよね。

たまにまったく緊張しないっていう人もいますが、すごい稀ですよね。

私の周りにもほんと一人いるかいないかくらいですよ。

 

だから、もしあなたが大会に出て普段通りなげれなくてもそれは普通なので、心配しないでくださいね。

 

それで、このメンタルを鍛えるためにどんな方法があるかというと、

 

私の場合ですけど、

1.とにかく知らない人と投げて場数を踏んで慣れる事。

2.酒を飲んで緊張感を麻痺させる(笑)

3.最初から普段通り投げれると思わないで、その場でできる事を全力でする。

このくらいでしょうか?私はトッププロでもプロでもないので、参考程度にね!

 

もちろん対戦相手に勝ちたいとか、絶対うまく投げたいとかつてやっぱり思うんですよね。

でも事ダーツになると、そういった気持ちはゼロじゃダメですが、ありすぎると力みにつながるんですね。

 

ビビッて腕が振り切れなかったり、いつもより早く投げてしまうとか、きっと経験ありますよね。

そんな時は相手うんぬんじゃなくて、とうやったら、普段通り投げれるか?を心がけるといいですよね。

わざと相手が投げている時に見ないようにするとかね。

相手がたくさん入ってしまうと、それだけプレッシャーになるので必要以上に見ないってのも一つの手です。

 

それには普段から自分のフォームで気を付ける点を自分で把握しておいて、そこだけできているか確認する。

試合中にあれこれ考えてもいい結果になるときは非常に少ないです。

 

逆に試合を楽しむくらいの気持ちがないと、やっぱりつまらないダーツになってしまいますからね。

試合中は考える事を最低限にして、そこだけに集中し相手を気にするんじゃなくて自分が普段通り投げれる事を意識する。

 

ちょっと矛盾しちゃう部分もありますが、私の場合はこういった感じで投げています。

TDOのリーグ戦の時も適度に酒を入れて、リラックスするようにしています。

 

相手が自分より上手い人だと、楽しみな半分勝ちたいって気持ちがどうしても出てしまうので、ここは落ち着いて自分のダーツをする。

自分のダーツができてそれで負けたんなら、相手の方が技術的にもメンタル的にも上だということ。

それはしっかり受け止めて練習してリベンジすればいいんですよ。

 

試合とか、緊張する場面の時は

1.普段通り自分のダーツを投げれると最初から思わない。(自分に極度の期待をしない)自分のフォームで気を付ける点だけに集中してダーツをする

2.相手が自分よりうまい人でも、自分のダーツがしっかりできるように心がける

3.とにかく考え過ぎないで、リラックスし落ち着いて投げるようにする。

みなさんも勝負の時はこのあたりを意識するといいかもしれませんね!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら