2013-10-27

ダーツのフォームの中で、「重心」というものがあります。

フォームに関しての各動作がわからない方は過去記事をご覧ください

ダーツ投げるときはスタンス、グリップ、セットアップ、テイクバック、リリース、フォロースルーという一連の流れがありますが、

この動きの中での体重(重心)について考えてみます。

 

基本的には、最初にスタンスを決めたら重心の移動はしません。

スタンスを決めた際には前の足8:後ろ足に2の体重のかけ方が一般的かな?

 

例えば、右利きの人が投げる時は、右足に8の重心をかけて、左足に2の重心になるんだけど、

左足の2の重心というのは、後ろ足に重心がある程度残されてないと、リリース、フォロースルーの動作の時に重心が前にいってしまう。

つまり投げた後に前のめりになってしまうってこと。

 

体が動く=ダーツが入らないって思ってもらってOKです。

 

プロの動画を見れば、わかるんだけどまず重心は安定していて、動いているのは右手だけなんです。

足も、頭も動いていません。

ちょっと古い動画だけど、村松さんの動画をみてみましょう

YouTube Preview Image

 

続いて、星野さん

YouTube Preview Image

 

ね!右手以外動いてないでしょ!体が動いちゃう人は大抵重心が前にかかりすぎなんです。

後ろ足のつま先が地面にふれるか触れないか?とかの人が多いんじゃないですかね?

 

体動いちゃうって人は思い切って後ろ足を地面にぴったりつけて、しっかり後ろ足に体重をかけて投げてみてください。

そうすると、たぶん体動きずらいと思います。

 

実は私も投げた後に体が前に出ちゃう癖があって、悪いときはやっぱずれちゃうんですね。

ダーツって正確に3本同じところに投げられるようにするスポーツなんで、3本同じところに投げられない要素を潰して、確率を上げるものなんですね。

 

そんな訳で、今回は投げるときの重心についてでした。

 

私の今のフォーム改善点はまさにここなんです(笑)

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら