2013-10-25

ダーツ初心者におすすめとされる【アサシン】ですが、新しいシリーズが出ました。

 

本当に初心者におすすめできるのか?

このサイトに来た人におすすめできるのか?考えてみます。

 

ハローズというブランドはイギリスから昔からある老舗ブランドです。

 

日本ではいまでこそ、国産バレルや日本のバレルデザイナーが作った物がたくさんありますが、

私が始めた10年前くらいはこのハローズやユニコーンのバレルを使っている人がほとんどでした。

 

そういった経緯から、日本製の高価なバレルからスタートするのではなく、

ハローズなどの比較的安価で、昔からある定番のバレルが初心者の方におすすめなのかな?といまでは思っています。

 

今回のアサシンエキスパートシリーズは全部で5種類ありますが、おすすめでないものから紹介していきます。

個人的な意見なので、みんなにこれから説明する事があてはまる訳ではないので。参考程度にどうぞ!

 

 

私が初心者の方にバレルをすすめる時の基準は

①持った時に毎回同じ所を自然と親指と人差指で持つ(グリップ)事。

②ストレートはすすめない。

③極度にひっかかるカットのものはすすめない。

④重心が後ろにある(バレルの後方が重い)

この4つの点です。そう考えると、

 

 

ハローズ アサシン エキスパート  assassin AX5 18gアサシン エキスパート 90% assassin AX5 18g

 

これはストレートで、右側部分のカットが長い為、毎回同じ所を持つのが難しいので×

そもそもストレートはグリップがしっかりしてないと、しっかりまっすぐ飛ばす事が難しい。

 

ハローズ アサシン エキスパート  assassin AX4 18gアサシン エキスパート 90% assassin AX4 18g

 

これはカットがきつめなので、投げた時にひっかかりやすいので×

ダーツ投げた時の指離れが重要で、投げた時にスッと引っかかる事なく飛んでいくバレルが望ましいと思います。

 

ハローズ アサシン エキスパート  assassin AX2 18gアサシン エキスパート 90% assassin AX2  18g

 

グリップはわかりやすいが、中指を置くカットがない(左側の方)のが×

考え方によっては親指と人差指の位置が決まれば、中指は自然と決まるというのもあるが、前方にカットが多少ある方がやはり目印になるので良い。

 

ハローズ アサシン エキスパート  assassin AX3 18gアサシン エキスパート 90% assassin AX3 18g

 

グリップの位置は比較的固定しやすそうなのでその点は○

カットがシャークカットなので、その点が▲ シャークカットはやはり、買いたてはかなり引っかかる。

そこそこ投げれば、シャークカットも馴染んでくるが、最初は投げづらいかも。

 

ハローズ アサシン エキスパート  assassin AX1 18g

アサシン エキスパート 90% assassin AX5  18g

 

最後のこのバレルは最初に説明した

①持った時に毎回同じ所を自然と親指と人差指で持つ(グリップ)事。

②ストレートはすすめない。

③極度にひっかかるカットのものはすすめない。

④重心が後ろにある(バレルの後方が重い)

の4つの条件を満たしている。個人差はもちろんあると思うけど、個人的にはやっぱりこの形と形状がおすすめです。

 

バレルの形状は人それぞれ好みがあるので、一概には言えないのでやはり一度ショップに行って実際に投げる事をすすめます。

実際に投げると、あ!この形投げやすいだとか、なんか自然に飛んでくぞとか、すげー引っかかるなとかが体験できるので、もし目星がついたバレルがあれば、実際に投げるのは一番。

 

そんなわけで今日はアサシンのエキスパートを紹介しました。

Sダーツで詳細が見れるので、気になったかたはとチェックしてみてください。

 

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら