2013-06-22

ダイナスティー

 

【DYNASTY(ダイナスティー)木山(鬼山)幸彦選手モデルのバレル】

ダイナスティーを代表するプレーヤーと言えば、この木山選手ですね。

ご存知ない方は下の動画をご覧ください。

(※試合が始まるまで長いです。待ちきれない方は4分~見てくださいね。)

 

【木山幸彦選手VS山田勇樹選手】

YouTube Preview Image

 

いかがでしょうか!?木山選手はテイクバックしてからリリース・フォロースルーが非常に早いのが特徴の選手ですね。

なんでこのモーションの速さであれだけ正確にダーツ飛ばせるんだろうな?と思いますが、フォームは人それぞれで、これがダーツの魅力でもありますよね。

 

そんな所でバレルの紹介をしてきます。

木山・鬼山TWIN FLAME BOOST ツインフレイムブースト

■【DYNASTY(ダイナスティー)】バレル TWIN FLAME BOOST ツインフレイムブースト

■規格:2BA

■素材:タングステン95%

■形状:トルピード型

■長さ:43mm

■重さ:18g(セット時)

■内容物

バレル1SET・LARO SILENT260・LIP POINT

=>TWIN FLAME BOOST ツインフレイムブーストの詳細購入はこちらから

 

木山・鬼山TWIN FLAME BOOST ツインフレイムブーストプレミアム

■【DYNASTY(ダイナスティー)】バレル TWIN FLAME BOOST ツインフレイムブーストプレミアム

■規格:2BA

■素材:タングステン95%

■形状:トルピード型

■長さ:43mm

■重さ:18g(セット時)

■内容物

バレル1SET・LARO SILENT260・LIP POINT

=>TWIN FLAME BOOST ツインフレイムブーストプレミアムの詳細購入はこちらから

 

というバレルです。しかし最近タングステン95%のバレルって増えてきましたね。

もともとダーツのタングステン含有量は90%が主流ですが、ジョーカードライバーのバレルがタングステン95%物が多いんですよね。

ちょっとした、高級感ですよ。でも、この5%の違いがどうでるかは私にはわかりません(笑)

 

なぜ、ダーツの材質にはタングステンが使われるかというと、タングステンは固くて重い材質で、他の材質と同じ重さの場合小型(小さく)に出来るためです。

最終的にはグルーピングに有利となっていく訳です。

じゃータングステン100%が一番いいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は100%だと逆に折れやすくなる為、残りの数%には他の材質(ニッケルなど)を混ぜているんですね。なので、実質は95%当たりがMAXだと言われています。

 

ちょっと横道にそれてしまいました(笑)

さて、このバレルの特徴ですが、シャークカット、リングカット、逆シャークカットが施されています。

なんでこんなにいろんなカットが入っているんですかね。色々と研究して、作っているので投げやすく作られているとは思うんですが。

実際の所、投げみないとわからないですけどね(笑)

少し長めのバレルですので、この系統は好きな人ははまるんじゃないでしょうか?

なんか今回はバレル紹介というかタングステンのうんちくになってしまいましね(笑)予備知識にどうぞご利用ください!

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら