2013-10-08

ハードダーツルール

ソフトダーツはやっているけど、ハードダーツにも挑戦したい!

っていう人が増えて欲しいので、今回はハードダーツのルールを紹介します。

ソフトとハードは同じ三本のダーツを投げるというのは一緒ですが、ちょっとした違いがあります。

 

私はTDOのパブリーグに在籍しているので、通常の試合の流れを通して説明したいと思います。

 

【第一戦】ガロン 4人VS4人

1101を減らしていくゲームです。そうですソフトで有名なのは501ですが、ハードの一試合目はガロンをします。

コーク(ハードではミドルという)はホームショップが先に行います。

ソフトダーツのように、じゃんけんをする事はありません。

(ハードダーツは自分のホームショップで試合をする場合と相手のお店に行く場合(アウェイ)があります。)

 

ミドルをして、あとから投げた人の方が、どちらが近いかを申告します。

始めに投げた人が近ければ「ファーストダーツです。」

後に投げた人が近ければ「セカンドダーツです。」

同じ位だったら「チェックお願いします」と言うと、ホームショップのスコアラー(点数を記入する人)がどちらが近いかを見てくれます。

 

そんな感じでゲームはスタートです。

ソフトと違う点と言えば、

1.3本投げ終わったら点数を申告する「60点です」等

2.何点だか、申告するまでにダーツが落ちてしまった場合は落ちたダーツはカウントされない。

3.上がりは必ずダブルアウト(トリプルアウト、シングルアウトは一切認められません。)

4.ゼロワンゲームだけを行い、クリケットは存在しない。

5.狙う所はブルではなく、20のトリプル。ブルはアウター25点/インナー50点

一度やってみるとわかりますが、インナーなんてそうそう入りません。ものすごく小さいです(笑)

 

いずれもソフトのように機械が計算してくれる訳ではないので、自分で計算する必要があります。

 

ガロンはこんな感じで行います。

 

【第2戦・第3戦】 ダブルス×2戦 2reg先取

ダブルスではガロンと異なる点があります。

それはスタートもダブルスタートしなくてはならい事。

これが初めのうちはクセ物で、いまでにスタートできなくて相手にどんどん点数を減らされる事があります。

さすがに、スタートできないうちに相手にあがられるって事は未経験ですが、十分ありえます(笑)

ハードはスタートとフィニッシュですぐに上がれるかどうかという所が重要なポイントになります。

 

そして、2reg先取になります。どういう事かというと、1本目501を取って、2本目負けたら2reg先取なので、3本目まで501をやります。

先に501を二本先取した方が勝ちとなります。

 

【第4戦・第5戦・第6戦・第7戦】シングル戦×4戦 2reg先取

ここからはシングルス戦です。

4人のプレーヤーが各々シングルス戦を行います。

スタートはダブルスタートではないので、通常は60のトリプルを狙っていきます。

ダブルスと同様に2reg先取となります。

ハードのリーグ戦はこんな形で行われます。

全部で7戦行い、4本勝った方が勝利チームとなります。

 

簡単に言うとこんな試合の流れです。

そうそう!ソフトと違いハードは相手が投げている時はうるさく話してはいけないルールがあります。

しゃべってはいけないというルールはありませんが、投げている人が気がちらないようにしなくてはいけないので、こそこそって感じの話になります。

 

慣れるまではこの独特の静かな雰囲気が緊張感を誘う事このうえないです。

慣れてくると、この静けさも楽しめるようになるんですけどね。

 

ぜひみなさんも機会があったらハードダーツにチャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら