2013-08-13

ダーツルール

 

このゲームはパーティーゲームの所にあるんですが、同じ位のレベルの人と投げるととても面白いので紹介しますね。

0f0f726c

 

このゲームは前に投げている人より高い点数を取れば、持ち点を減らさずに次の人の番になります。

【要は前の人よりも高い点数を取ればいいという事です】

 

アンダーザハットの細い部分のルールですが、スタート時に全員5つの持ち点があります。

前の人よりも低い点数を取った場合は持ち点が-1となり、全部なくなるとその人が負けというルールです。

 

シンプルなゲームでしょ!?このゲームを楽しむ為には、

①できるだけ同じ位のレベルの人とプレイする

②ある程度ブルやトリプルナンバーを狙えるとgood!

この二つの条件が揃うととてもゲームを楽しくできます。

 

自分の前の人が高得点を出すと結構プレッシャーかかるんですよね。

持ち点が1点の場面とかになると余計に手に力が入ったりして。結構楽しめると思います。

 

結構私もこのゲームをやるんですが、前の人がTONを出したりすると、ぐっと緊張感が変わってきますね。

始めの一本目ではずしちゃったりすると、残り2本を入れないといけない訳ですからね。

 

余裕がある時はブル2本入れたら、20トリプルを狙ったり、狙ってシングルに入って120点だったとしても次の人はブルも外せないしね。

1本はダブル又はトリプルを絡ませないといけないなんて状況は思いのほかメドレーのここ一番は外せない状況と似てたりして。

 

そんな感じで、いつもやっています。もちろんビリの人はもれなく自腹でテキーラを飲ませる訳なので、盛り上がらない訳がないですね。

まーあんまり負けたからと行ってペナルティーもどうかと思う部分もありますが、なんだかんだ、なんか賭けた方が楽しいっちゃ楽しいです。

 

でもテキーラの飲み過ぎには十分注意してくださいね。飲んでリベンジしてまた負けるという負の連鎖にはご注意ですよ(笑)

 

 



 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら