2013-07-19

ダーツゲームのルール【ローテーション】(ラウンドザクロック)

このゲームは単純ですが、初心者の方がしっかりシングルを狙う練習として良いゲームです。

かくいう私もAフライトになるまではよく練習したものです。

プレッシャーのかかった場面で、確実にシングルに1本入れるというのは時として難しい事なのです。

だから、練習の時しっかりシングルが狙えるようにこのゲームで練習してみましょう!

 

 

ルールは簡単です。1~20・ブルまでのナンバーを順番にヒットさせていき、

いち早く、ブルまで入れたプレイヤーが勝ちとなります。

(ダーツライブは確か最後ブルだと思う…。)

 

【ローテーションのポイント】

ダーツルール ローテーション

基本的には最初に1に入れば2投目は2を狙うこれでブルまで行く訳ですが

このローテーションとういゲームのキモは3投目にあります。

3投目が狙ったナンバーに入った場合は、もう1ラウンド投げれるという事です。

例)

1ラウンド目  1投目1に入る/2投目2に入る/3投目3に入る

3投目が3に入ったので、1ラウンド目が継続され、再度3本投げられるという仕組みです。

つまり、3本目がずっと入ると、他のプレーヤーが投げる事なく、ゲームが終了してしまいます(笑)

 

またダブルは1こ飛ばしのナンバー、トリプルは2個飛ばしのナンバーになります。

例)

1ラウンド目 1投目1のダブル→ 2投目は2を飛ばして、3を狙います。

2投目3のトリプル→4.5を飛ばして、6を狙います。

こんな感じで、ダブルとトリプルには恩恵があります。

※だからと言って、むやみやたらとトリプルやダブルを狙うのではなく、Aフライトになるまでは狙ったシングルにしっかり入れる練習をしましょう!

シングルにも、ブルの周りの小さいシングルの枠とダブルの周りの大きなシングルの枠があるので、大きなシングルを狙うのがいいでしょう!

 

はじめは狙ったシングルゾーンに狙うのは難しいかもしれませんが、うまくなってくるとポンポン入り2ラウンド、3ラウンド位で終わる事もあります。

何度も言いますが、狙ったシングルのゾーンに入れる練習になるのでダブルやトリプルで一発逆天なんて事のないように練習するのがいいと思います。

ダーツライブの中では、100円でできるいい練習ゲームですよ!ぜひお試しください!

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら