2013-04-23

2013年 ダーツボードおすすめ売れ筋ランキング

 

【第1位 DARTSLIVE-100S  (ダーツライブ100S)】

DARTSLIVE-100S ダーツライブ100S

 

DARTSLIVE-100Sの内容


ゲームサウンドにはダーツライブ2のダイナミックで
高品質な音源をアレンジ!
また視認性抜群の液晶ディスプレイと刺さりやすさ、抜きやすさを追求したセグメント。

自宅でも本格的なダーツシーンを楽しめます!

ボード内部に振動や音を抑える衝撃吸収材を配置しているので、場所を選ばずいつでも気兼ねなく 本番さながらの練習を行なうことができます。

 

このボードは別の記事でも紹介しましたが、本当に音がリアルなので、普段ダーツライブで投げている人にはちょーおすすめです。

このダーツライブ100Sは数年前に発売されて、しばらく在庫切れで再販がありませんでした。

 

今年の3月より急に再販となったので、いつ売り切れてもおかしくないものだと思います。

ダーツライブ社公式のボードなので、安心ですね。自宅ダーツライブを楽しむのもいいかもしれませんね。

 

【第1位 DARTSLIVE-100S  (ダーツライブ100S)詳細・購入はこちらから】

 

 

 

【第2位 ディークラフト プロフェッショナル ボード サターン レッド×グリーン 】

【ディークラフト】プロフェッショナル ボード サターン レッドグリーン

 

【ディークラフト プロフェッショナル ボード サターン レッド×グリーンの内容】

 

業務用ダーツマシンと同じターゲットエリア15.5インチを採用、衝撃吸収パッド、ダーツボード固定パッキンにより矢の衝撃音、振動 を大幅に軽減、独立式セグメントによりダーツ 重量は20gまで対応可 能。ダーツボードホルダーが標準装備なのでダーツボードの設置も簡単で家庭用ソフトダーツボードに最適です。セグメント 単体のパーツ取り寄せも可能。

 

あまり説明する必要もないかもしれませんが、サターンといえば自宅練習ソフトボードとしてとっても有名です。

まず手頃な価格3980円という所がおすすめのポイントです。

それと、以前のソフトダーツボードと比べ、衝撃吸収パッド、ダーツボード固定パッキンにより矢の衝撃音、振動を大幅に軽減されているという事もあり、従来のソフトボードよりは音が静かとされています。

 

ただしアパートや壁の薄い建物などで、夜中に使った場合、音がうるさいと困るという方には不向きかもしれません。

 

【第2位 ディークラフト プロフェッショナル ボード サターン レッド×グリーン詳細・購入はこちらから 】

 

 

【第3位 ディークラフト プロフェッショナル ボード サターン レッド×ブルー 】

【ディークラフト】プロフェッショナル ボード サターン レッドブルー

 

【内容はレッド×グリーンと同上】

 

【第3位 ディークラフト プロフェッショナル ボード サターン レッド×ブルー詳細・購入はこちらから 】

 

 

【第4位 エスダーツ 15.5ハードボード プレジャー ハード 】

【エスダーツ】15.5ハードボード(PLEASURE プレジャー) ハード

 

【エスダーツ オリジナル15.5ハードボード(PLEASURE プレジャー) ハードの内容】

 

練習用ソフトボードがあるけど、音がうるさくて周りに迷惑、ハードボードだと、静かに練習できるが実際のダーツバーに置いてある大きさと違うので感覚がずれる。
そんな悩みを解消したボードがこのプレジャー。サイズはダーツバーに置いてあるソフトボードサイズの15.5インチ仕様。

 
自宅だとワイヤーで弾かれて壁や、床を傷つけてしまうので、ワイヤーをすべて無くして弾かれないように!見た目もソフトボードみたいにデザインされてます!
パッケージもPLEASUREオリジナル!
ハードボードでお馴染みのプーマ社製(made in ニュージーランド)なので、室も安心です。(取り付け説明書付き)

 

私は自宅練習というとハードボード派です。ハードを普段やっている方には断然ハードボードがおすすめです。

そして、ソフトボード用の枠と大きさが同じというのもポイントです。

ハードをやった事がない方でもソフトと同じボードの大きさなので、枠が小さいということもなくスムーズにハードになれる事ができるのではないでしょうか?

 

【第4位 エスダーツ 15.5ハードボード(PLEASURE プレジャー) ハード詳細・購入はこちらから 】

 

 

【第5位 エスダーツ ロゴ入り PDJ公式ハードボード 】

ダーツボード【エスダーツ】ロゴ入り PDJ公式ハードボード

 

【エスダーツ ロゴ入り PDJ公式ハードボードの内容】

 

PDCチャレンジトーナメント(ワールドダーツチャンピオンシップ・ダーツにおける最高峰の大会)で実際に使用されているPDJオフィシャルのハードボードです。

留め具を使わない埋め込み式のワイヤーを使用することによりダーツの跳ね返りを大幅に軽減。
PDJで実際に使用されているダーツボードですが、割と安価で購入できます。

日本基準ではなく、世界基準のダーツボードです。

 

【第5位 エスダーツ ロゴ入り PDJ公式ハードボード詳細・購入はこちらから 】

 

 

【第6位 Mckinley マッキンリー ダーツスタンド LR904K 】

Mckinley マッキンリー ダーツスタンド LR904K

 

家庭用ダーツボードを購入したら、セットで購入しておきたいのが、このダーツボードスタンド。

色々ネット上でダーツボードスタンドを見て回りましたが、これが市販されているダーツスタンドの最安値でした。

 

これはダーツ関連の通販で有名なハイブさんで取り扱いがあります。

ハイブさんだと、9000円以上で送料が無料になるので、細かいダーツ消耗品と一緒に購入するのもいいと思います。

 

消耗品をバラで買い揃えると、送料や代引手数料がかかるので、割高になってしまうので、まとめ買うとお得で便利です。

 

【第6位 Mckinley マッキンリー ダーツスタンド LR904K詳細・購入はこちらから 】

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら