2013-05-28

ここまでダーツの投げ方を動作事に解説してきましたが、ボリュームがかなりあるので、このページでまとめてみます。

 

①自分の利き目を調べる。

ブルでもなんでも良いので、人差指を目標物に向かって指差し右目と左目片方づつ見て、指の先端が近い方。

 

②スタンスを決める。

スタンスは3種類。【オープンスタンス】【スタンダードスタンス】【クローズドスタンス】。

構えたときに、ボードに向かって毎回同じ体の状態を保つなら、クローズドスタンスがおすすめ

 

③グリップを決める。

グリップは3種類。【2フィンガー】【3フィンガー】【4フィンガー】。

指離れがよく、安定したグリップは3フィンガー。そして、ダーツを浅く持ちすぎず、バレルを握りすぎない事に注意。

 

④セットアップ

セットアップ時は【スタンス】【グリップ】はいつも通りか確認し、力を抜いたリラックスした状態にする。

 

⑤テイクバック

テイクバック時は肘を支点にして、引くというよりは手前に倒してくる感覚。

倒してきたら、倒してきた軌道に沿ってもう一度戻しリリースにつなげるイメージ。

 

⑥リリース

リリースはテイクバックの腕を倒してきた軌道に沿ってもう一度戻す動作の中で、自然とダーツを離す位置が決まってくる。指離れを意識して、指離れが悪くないかどうかをチェックする。

 

⑦フォロースルー

フォロースルーは腕を振り抜かないで、途中で止める投げ方は手首を使ってしまうので、初心者には凄く難しいのでおすすめできない。ターゲットに向かって自然と腕を伸ばすようなイメージ。

 

以上がダーツの基本的な投げ方です。

ダーツの投げ方の中での注意点を解説してきました。

あとはあなたが、ダーツの投げ方について自分で考え、自分にとって最良の投げ方を探すだけです。

ダーツは基本的な投げ方を反復練習するのみです。その中で、色々な事がわかってくると思います。

ダーツは嘘をつきません。練習しない人は絶対にうまくなりません。逆に基本に沿ってちゃんと練習したらAフライトまでは必ず行けると思います。

 

それではみなさん頑張って練習してください。

=>投げ方がわかったら、次はダーツ上達の練習方法です。

 

 

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら