2013-05-21

この間カウントアップで1000点トライ失敗(笑)というブログを書きました。

が昨日は無事1031点で久しぶりの1000点でした。

メドレー一本やって、次にカウントアップしたので、今回は一発目で出ましたよ。

しかも1本弾かれて無駄になってからの1000点だったので、ブルは調子いいです(笑)

 

最近、フォームでテイクバック、リリース、フォロースルーを力を抜いて自然に腕がふれるようにかなり意識して投げていました。

テイクバックで手前に腕を倒すようなイメージで、倒してきた軌道をそのまま通り、フォロースルーで力を抜きつつ、しっかり腕を振り抜く。最近このイメージがよくできるようになってから、ハットが安定して出るんですよね。悪くてもTONという状態。

やっぱり、いつも同じフォームで投げる事と、力まない事。これ大事だな。

 

それで、今回の題材であるリリースなんですが、これは基本通り、まっすぐ引いて【まっすぐ投げる】の言葉に突きます。

言葉で説明するのもあれなんで、プロプレーヤーのフォームで見てみましょう!

YouTube Preview Image

【知野真澄さん】

人が投げているのを見ると、よくわかるんですがダーツが指から離れるのって思ったより早いんですよね。

フォロースルーの腕が伸びきった時に離している訳じゃないんですね。結構以外でしょ!?

 

だからね、テイクバックしてからダーツが指が離れるまで、まっすぐ腕をふるだけでいいんですよ!?

どこでダーツを離すかは投げていると自然とダーツを離す場所があるわけで特に意識しなくていいと思います。

 

とにかく、まっすぐ腕を送り出すでOKなんです。リリースに関してはそんなに難しないですよね?

最初はまっすぐ腕を振り出せないかもしれませんが、まっすぐ降り出す練習を重ねれば誰でもできるようになりますよ!

簡単ではないですけどね。ダーツは1にも2にも反復練習です。

 

クリケットやってても、ターゲットの場所が違うからってリリースポイントがそんな変わるわけじゃないですし、まっすぐ腕を振って次のダーツの投げ方の動作である【フォロースルー】につないでいければいいんです。

 

=>次はダーツの投げ方最終章のフォロースルー編です。

 

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら