2013-04-08

ダーツのグリップ

今日はプロダーツプレーヤーでも最も今勢いのある、村松治樹さん編です。

村松治樹さんのグリップ

村松治樹さん グリップ

 

次回ご紹介しますが、村松さん、えぐちょさん共に4フィンガーですが、中指の位置が違います。

えぐちょさんは中指をダーツの上に添えるような形にたいして、村松さんは下に添えるような形です。

 

ただ、このダーツはハードダーツなので、チップ部分が長いので、ソフトだとちょっと違う可能性があります。

 

グリップに注目した動画ではないのですが、参考になるかもしれないので村松さんの動画をご覧ください。

YouTube Preview Image

 

えぐちょさんの時にちょっとグリップを変えようかと思っていましたが村松さんのグリップを見ても

やはり、プロのトッププレーヤーの親指の位置が自分と比べて深いんですね。

二人とも人差指と親指で挟み込むようにダーツを持っています。

 

これを見て、やっぱりプレッシャーをかかる局面において、力んでしまう場合でも親指、人差指で挟む形なので力がはいりずらいのではないかと推測してみました。

 

そして、実際に自分でもこのグリップを真似てみた所想像よりはひどい飛びはしないんですが、指離れが悪くなりました。

なんていうか、今まで指先で投げていた感覚から、ダーツを人差指と親指で挟み込んで、そのまままっすぐ投げるイメージですかね。

 

正直、今の状態だとうまく3本ともまっすぐ飛ばせませんでした。

ブルへ3本まっすぐとばせる時もあれば、3本バラつく時もある。

 

やはりグリップはそう簡単にうまくはいきそうにないです。

でも確かに指先に力が入らない状態で、しっかり腕を降らないとダーツが飛んでいかないので、極めたらこっちの方がよさそうかな?

 

安定したら、さらにブルへ入る確率が上がりそうです。

 

だもんで、今日もグリップに悩まされそうな気がします…。

 

=>次はプロダーツプレーヤーの江口祐司(えぐちょ)さんのグリップを紹介します

 

おすすめダーツ通販ショップ
ダーツ ハイブ
 

ダーツ上達DVD
 
勝見翔マルチアングルダーツレッスン
 

最近チェックした商品

1
 


コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

サイト内検索

プロフィール

私は「ダーツの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい」を目的に このサイトを2013年1月にリリースしました。 自身のダーツのレイティングなどは以下の通りです。 →プロフィールの続きはこちら